オンラインカジノは将来日本で合法になる?カジノ法案についても解説

世界中で人気を集めているカジノ。ラスベガスのカジノなどのきらびやかな雰囲気は、誰もが憧れる空間ですよね!
日本では現在カジノは法律で認められていません。しかし、最近では日本でのカジノの扱いに動きがあり、今後日本国内にランドカジノが建設される可能性があります。
そこでこの記事では、日本でのカジノの法律上の立ち位置と今後のオンラインカジノのあり方について紹介します。

現在のオンラインカジノの立ち位置

日本ではカジノが法律では認めてられていません。そのため、単純に考えた場合、日本でオンラインカジノを利用することも法律違反となることでしょう。
しかし、オンラインカジノは運営元が海外であり、それらの国で合法的に運営されています。そのため、日本の法律ではオンラインカジノを裁くことは出来ないのです。
これによって、日本からオンラインカジノを利用したからといって逮捕されることはありません。つまり、日本ではカジノは法律では認められていませんが、運営元が海外であるオンラインカジノであれば、黙認されているということになります。
オンラインカジノの合法性についてどのように判断するかは議論が進んでおらず、日本におけるオンラインカジノはグレーゾーンという扱いになっているのです。そのため、オンラインカジノを自宅からプレイした場合は、処罰の対象となりません。
しかし、オンラインカジノをインターネットカジノ店でプレイした場合は違法となります。インターカジノ店とは、インターネットカフェに似た施設であり、お客にオンラインカジノ使用してギャンブルをさせます。そして、店舗側はお客から利用料を取るのです。この場合、日本国内で金銭のやり取りが成立しているため法律に触れることとなり、インターカジノ 店とプレイヤーの両方に処罰が与えられる仕組みとなっています。このように、オンラインカジノをどこでどのようにプレイするかによって、違反かそうでないかが決まるのです。
オンラインカジノに関しては法律でしっかりと定められていません。そのため、弁護士によって見解が異なるというのも事実です。
日本ではオンラインカジノの立ち位置があいまいであるため、プレイヤーとしてもどのような状況で違法行為となるのかどうか、法律についてよく理解しておく必要があります。

カジノ法案が可決

カジノ法案とは、正式には統合型リゾート整備推進法(IR法案)と言い、2016年に成立しました。カジノ法案は日本での観光産業の活性化を目的としており、日本各地に統合型リゾートを建設することを目的としています。この統合型リゾートにはショッピングモール、映画館など複数のレジャー施設が建設される予定で、その中にランドカジノが含まれる可能性もあります。
そのため多くの人が「日本でカジノが合法でなるのではないか」という事実に注目したため、統合型リゾート整備推進法ではなくカジノ法案という名称が浸透しているのです。
しかし2020年10月現在、新型コロナウイルスが流行している影響で統合型リゾートの建設に議論が全く進んでいません。
カジノ法案が成立された頃には、統合型リゾートの建設地として台場(東京)、幕張(千葉)、名古屋(愛知)、マリーナシティ(和歌山)、苫小牧(北海道)、ハウステンボス(長崎)、横浜(神奈川)などの都市が検討されていました。
しかしこれらの予定地の中には、地元民からの反発があるケースもあり、具体的にどの箇所に統合型リゾートが建設されるのかがまだ決定していません。議論もまったく進んでいないため、予定が大幅に遅れているのです。
具体的な議論は 新型コロナウイルスが収束した後に進められることでしょう。

ランドカジノの誕生とオンラインカジノ

もし予定通りに統合型リゾートが建設され、その中にカジノが含まれるのであれば、現在の日本の法律が変更されなければいけません。
つまり、現在違法となっているカジノが合法となるということです。日本でカジノが認められるのであれば、必然的にオンラインカジノの利用も合法となります。
現在では日本でカジノが法律で認められていないため、オンラインカジノは全て海外企業によって運営されています。しかし、日本でカジノが合法的に利用できるのであれば、今後日本企業によるオンラインカジノも誕生する可能性が充分考えられます。
そうすれば、より日本人に特化したサービスが提供できるようになり、日本人の嗜好にあったオンラインカジノが誕生することでしょう。また、決済手段がより日本人にとって使用しやすいようになったり、ライブカジノゲームでは日本人のディーラーが誕生したりするなどの変化も見られるかもしれません。
そして、日本でランドカジノが誕生するのであれば、ギャンブル依存症を防ぐために規制も行われなければいけません。
例えば、日本で定着しているギャンブルであるパチンコでは、政府によってたくさんの規制が行われています。人々がパチンコ中毒にならないように出玉率を調整するなど定期的に政府による介入が行われているのです。
ランドカジノが日本で合法となれば、パチンコと同じように依存症を防ぐために様々な規制が同時に行われることでしょう。そうすると現在は自由に利用できているオンラインカジノに対しても、いくつかの規制が行われる可能性が考えられます。
現時点では黙認されているオンラインカジノ。そのため、利用者は制限なくオンラインカジノ利用することができています。
ラインカジノが日本で合法となるということはとても良いニュースですが、同時に規制が行われることも予想されています。今後、日本においてカジノの在り方がどのように変化していくか注目です。